名古屋大学 橋梁長寿命化推進室 | 技術者教育 育成 技術者認定

認定事業
認定事業

判定試験申込

判定試験申込の流れを必ずお読みの上、お手続きください。

判定試験申込の流れ

◆個人情報の取扱いについて◆
お預かりした個人情報は、「名古屋大学個人情報保護規程」に従い、適切に管理し、定められた利用目的(研修に関する、書類等の送付・送信、受講資格の確認、修了証の交付等)の範囲を超えて利用及び提供はいたしません。ただし、本人の了承・同意がある場合や、法令に基づく場合は除きます。

>>プライバシーポリシーはについてはこちら

メールニュース配信のご登録はこちら

2017.07.26

2017年度 橋梁点検士および橋梁診断士判定試験 受験資料請求受付を終了しました。

資料がお手元に届いた方は、提出期限(8月7日(月)当日消印有効)までに受講料を振込の上、申込書を返送してください。

2017.06.09

2017年度 橋梁点検士および橋梁診断士判定試験 受験資料請求受付フォーム

受付期間:2017年6月27日(火)(9:30開始)~7月26日(水)(17:00締切)

 

 

 

 

 

判定試験の申込の流れ

2017年度橋梁点検士判定試験のご案内

2017年度橋梁診断士判定試験のご案内

 

上記ご案内、判定試験申込の流れをご覧の上、期間中に判定試験受験資料請求申込フォームから申込をしてください。

なお、このフォームの入力が完了しても、申込完了とはなりません。当室から送付する資料の返送が必要です。

 

<注意事項>

※修了証番号が必要です。

※橋梁点検士又は橋梁診断士とお間違いのないようご注意ください。なお、併願はできません。

※WEB申込完了後、受付完了メールが自動送信されます。メールが受信されない場合は受付が完了しておりませんので、再度申込をおこなうか事務局までご連絡ください。

※受付完了メールの受信がされていない場合、資料請求受付後に申し出があっても受付をすることができませんのでご注意ください。

2016.06.09

2017年度 橋梁点検士および橋梁診断士判定試験の開催と資料請求申込について

受付期間:2017627日(火)(930開始)~726日(水)(1700締切)→受付を終了しました。

期間中このページに設置する「資料請求申込フォーム」から、期間中に申込手続きをおこなってください。

※橋梁点検士または橋梁診断士とお間違いのないようお申込みください。

 

下記のご案内をご熟読の上お申し込みください。

2017年度橋梁点検士判定試験のご案内

2017年度橋梁診断士判定試験のご案内

<判定試験申込の流れ>

※WEB申込完了後、受付完了メールが自動送信されます。メールが受信されない場合は受付が完了しておりませんので、再度申込をおこなうか事務局までご連絡ください。

※受付完了メールの受信がない方については、資料を送付いたしませんのでご注意ください。

 

<2017年度 橋梁点検士判定試験>
試験日時:8月27日(日) 9:00~12:30
試験会場:名古屋大学東山キャンパス
受験資格:橋梁保全技術研修検査点検コースを受講し、その修了証を有する者。
受験料:10,000円(税込) ※手数料はご負担ください。ご本人の都合による納付済みの受験料の返還はいたしません。
試験方法:試験は四肢択一問題25問程度と点検調書作成問題4問で行います。なお、問題数は変更となる場合があります。

※検査点検コースの修了証をお持ちの方が対象です。
※修了証には3年の有効期限があります。
※2014年10月~2015年7月までに交付された修了証をお持ちの方については、今年度(2017年度点検士試験)まで有効となりますのでご承知おきください。

 

<2017年度 橋梁診断士判定試験>
試験日時:8月27日(日) 9:00~12:30
試験会場:名古屋大学東山キャンパス
受験資格:橋梁保全技術研修診断評価コースを受講し、その修了証を有する者。
受験料:25,000円(税込) ※手数料はご負担ください。ご本人の都合による納付済みの受験料の返還はいたしません。
試験方法:記述式問題2題です。その中でそれぞれ数問解答する形式で行います。なお、問題数は変更となる場合があります。

※診断評価コースの修了証をお持ちの方が対象です。
※修了証には3年の有効期限があります。ただし、2014年7月~2016年6月までに交付された修了証をお持ちの方については、2018年度橋梁診断士判定試験まで受験することができます。